Rebus 不動産業務管理システム

rebus_top.jpg

不動産業務管理システム開発の経験を生かした高品質なシステム構築

不動産業務管理システムはマンション・戸建を問わず、不動産の開発・分譲に関わる業務を全面的にサポート。業務負担の軽減・効率化を実現します。

Rebus 概要

不動産業務管理システムの特徴

事業開発に

事業前の効率試算・収支シミュレーションが可能。 物件情報の入手時から、物件毎の収支効率試算等を経て、プロジェクトの終了に至るまでの、概要・収支・支払・工程を一元的に管理できます。

販売管理に

契約申込から引渡しまでを顧客・資金等様々な角度から検索・抽出可能な台帳として管理。

経理に

使用中の会計ソフトとデータ連携が可能。 お客様の業務内容に合った専用システムだからこそ可能なデータ連携。 他社汎用パッケージソフトウェアでは不可能なアドバンテージです。

帳票管理に

既存の帳票フォーマットを継続使用。 業務で使用中の帳票フォーマットを踏まえてシステム設計を行いますので、システム導入に伴う帳票フォーマットの変更は不要です。システム化移行初期のリスクを回避できます。

Rebus 機能

機能概要

事業計画管理

土地情報及びその履歴を管理し、土地情報に対する効率試算(収支シミュレーション)及び建物等の事業概要を管理します。

プロジェクト管理

事業化後(土地仕入後)のプロジェクト概要(事業形態・建物概要)及び発注・支払・事業収支実績・予算を管理します。

顧客管理

DM・WEB等での収集情報、モデルルーム来訪情報を一元的に管理し、データの抽出及び配信をします。

販売契約管理

契約の申込から引渡までの情報(資金・諸費用・入金・進捗)を一元的に管理します。顧客基本情報は見込客情報と連携します。

会計管理

システム全体の入出金及び売上計上等を自動仕訳しデータを抽出、会計システムと連携します。

システム構成図


システム業務相関図PDFファイルを見る

製品構成

クライアント

OS Windows XP/Vista/7
WEBブラウザー Internet Explorer 6以降

WEBサーバー(アプリケーションサーバー含む)

WEBサーバー、アプリケーションサーバー Internet Information Services、Apache HTTP Server
アプリケーションサーバー Apache Tomcat

DBサーバー

DB Oracle 10g

このページの上部へ