営業

チームリーダーを任せてもらっていますが、AITの良いところをチーム単位でも継承して、お客様や市場の期待に十分に応えられるAITといってもらえるように努力したいと思います。

Q1.この仕事を選んだきっかけ・動機を教えてください。

もともと話下手、恥ずかしがり屋、緊張しやすいということもあり、営業という職種に苦手意識があり、その点を克服出来れば大きな強みになると考えて、あえて営業職を選びました。
それが今ではチームリーダーも任されることになり、そんなことも気にしていられないくらい成長させてもらいました。

Q2.この仕事ならではの面白さ、印象に残るエピソードを教えてください。

営業としての面白さはやはり、やったことが数字に直結して成果がそのまま目に見えることだと思います。
また、社内外を問わず、人間関係の構築ができていき、それがビジネスに跳ね返ってくる面白さもあります。
時にはお客様や、関係先、内部からも厳しい要求が出てくることもありますが、それを何とか解決していくことにより、信頼を得ていくことで、弊社(私)と組みたい、契約したいと言っていただけるようになる、それは最高の喜びです。

Q3.AITを一言で表すとどんな会社ですか?

柔軟性があり風通しの良い会社です。
社内のメンバーは色々な業種を経験している人も多く、さまざまな気風の発想で、一つのやり方にとらわれず、その時々に応じた柔軟な対応が取れるところが強みだと思います。
必要なときには直接、社長にも相談が出来、いつでも使ってくれと言ってくれて動いてくれるような、とても風通しがよく、小回りが利き柔軟な対応ができるというのがAITの最大の強みだと思います。
また、会社のトップが常に社員のことを思って、日頃から家族を大事に、健康・家庭を最優先で考えるようにと言ってもらえる、居心地のよいファミリーのような会社です。

Q4.将来のビジョンを教えてください。

チームリーダーを任せてもらっていますが、AITの良いところをチーム単位でも継承して、将来的にも今の良いAITを残していきたいと考えております。
厳しいところは厳しく、ただし、居心地の良い何でも相談に乗れて、チームワークの良い雰囲気はぜひ残していきたいと思っております。

私の転機となった仕事

非常にスピード感を持った対応力が必要なお客様を担当しておりました際に、同時に(社内教育制度の)初アドバイザー、第一子の出産(予定日より1ヶ月早く産気付き、妻も入院)、更には同時期に別案件で北海道出張を、抱えていた時期がありました。
妻は入院していつ産まれるかわからず待機状態で、私もすぐに駆けつけられるように数日、自宅で待機しつつ仕事という状況でした。
結果的には病院に駆けつけ、出産寸前までお客様と会話(対応)し、出産に立ち会えて、出産後またすぐにお客様と会話し、「もう生まれます」、「今生まれました」みたいな会話をし、非常に厳しい要求をしてくるお客様でしたが、「本当に申し訳ない、本当に助かりました。ありがとう、あなたが担当してくれてよかったです。」と、言って頂けたのは今でもよく憶えております。
少し落ち着き、その翌日には北海道に旅立ちましたが(笑)
色々な意味で自分にとってはなくてはならない、非常に勉強になった良い経験となりました。乗り切った時には、一つ壁を乗り越えられたような、そんな感じを受けた案件となりました。

その他の先輩紹介

エンジニアとしての知識をもっと身につけ、ゆくゆくはマネジメントの方面に進みたいと考えています。

与えられた仕事を一つ一つ着実にできるようにする。経験を積み重ね、 点と点がつながって一つの線になった時に得られる達成感がこの仕事の醍醐味です。

「AITに仕事を頼めば何の心配もいらない」と常にお客様に信頼していただける会社にしたいです。

新しいトレンドや業界動向について常にアンテナを張り、お客様が困っていることに的確なアドバイスや提案ができるようになりたいです。

採用のエントリーはこちら

採用エントリー