サーバーエンジニア

エンジニアとしての知識をもっと身につけ、ゆくゆくはマネジメントの方面に進みたいと考えています。

Q1.この仕事を選んだきっかけ・動機を教えてください。

社会の役に立つ仕事をしたいという意識があり、そうして考えた時に、現代社会を支えているITエンジニアという仕事に思いが行きました。

Q2.この仕事ならではの面白さ、印象に残るエピソードを教えてください。

パソコンやネットワークという日常で触れる機会の多いものに対して、専門的な知識がついてくることが面白いです。
この仕事を始める前は全く理解せずに使用していたものがその仕組みが分かるようになるということが楽しいと思えます。
また、銀行や病院といった社会のインフラを支えるプロジェクトに携わる機会も多いため、街なかで自分の関わったサービスが動いているということが実感でき、やりがいがあります。

Q3.AITを一言で表すとどんな会社ですか?

アットホームな会社で上司や先輩とも話がしやすく、楽しい雰囲気で仕事が出来ます。教育制度も整っており、勉強もしやすい環境です。私はAITに入社するまでIT業界は全くの未経験、PCの知識は家でインターネットをするくらいといったレベルでしたが、社内研修や先輩方の支援により、エンジニアとして充実した日々を送っていると思います。

Q4.将来のビジョンを教えてください。

エンジニアとしての知識をもっと身につけ、ゆくゆくはマネジメントの方面に進みたいと考えています。

私の転機となった仕事

東北地方の某病院様向けkaiサーバー構築案件
初めてほぼ一人で担当したプロジェクトでした。
それまでに学んできたミドルウェアが大体搭載されていて、ディスクシステム、テープ装置等が付いたシステムでしたので、総まとめのような気持ちで関わりました。
緊張の連続で、毎日勉強しながら社内の先輩に助けをもらいながら乗り切った案件です。また初めての出張だったのもいい思い出です。

某保険業様WEBサーバー構築案件
大きなプロジェクトでチーム分担されていて、ひとつのミドルウェアのみに特化した形で携わりました。担当したものがそれまであまり経験のなかったミドルウェアだったので、苦労はしたものの学べるものも大きかったと思っています。

その他の先輩紹介

与えられた仕事を一つ一つ着実にできるようにする。経験を積み重ね、 点と点がつながって一つの線になった時に得られる達成感がこの仕事の醍醐味です。

「AITに仕事を頼めば何の心配もいらない」と常にお客様に信頼していただける会社にしたいです。

チームリーダーを任せてもらっていますが、AITの良いところをチーム単位でも継承して、お客様や市場の期待に十分に応えられるAITといってもらえるように努力したいと思います。

新しいトレンドや業界動向について常にアンテナを張り、お客様が困っていることに的確なアドバイスや提案ができるようになりたいです。

採用のエントリーはこちら

採用エントリー