IBM Watsonを活用するアプリケーション開発の資格認定取得

2017年9月15日の記事

当社は、日本で初めてのIBM Watsonに関する認定資格である「IBM Watson Application Development」を取得しました。
 
当認定資格は、人工知能の概念や特長、機械学習技術といった基礎知識から、開発および具体的な利用ケースの知識、さらにIBM Watsonの主要なアプリケーション・インターフェース(API)の機能や利用方法、複数のAPIを組み合わせて構成する方法といった、コグニティブ・システム構築のための実践的な知識を習得したことを証明するものです。
 
弊社は、AIOT(AI+IoT)ブランディングの確立をめざし、これからも、先進的な技術力、知識と実績に基づく幅広い知見で、お客様のデジタル変革をご支援してまいります。






当認定に関するIBMニュースリリース詳細は、こちらをご参照ください。
 

ibm-certified-application-developer-watson-v3-certification.png



Cert_IBM_Watson_Coloured_Small.jpg