お知らせ
2021年4月20日

株式会社豊田自動織機 様:IBM SPSS導入事例

株式会社豊田自動織機は、1926年に創立されたトヨタグループの源流にあたる繊維機械、産業車両、自動車・自動車部品の大手メーカーです。
同社のトヨタL&Fカンパニーは、物流システム事業と産業車両事業を展開する社内カンパニーであり、主力製品のフォークリフトは世界トップクラスのシェアを獲得し、業界のリーダーとして認知されています。
顧客個別仕様の特型フォークリフトの受注から出荷までのリードタイム短縮によるお客様のご希望納期を実現するために、IBMの透析解析ソフトウェア「IBM SPSS」を導入しました。
導入パートナーに、SPSSに関する豊富な知見をもつ弊社を選定、弊社の支援により、適合率90%以上の受注成否予測モデルを完成させ、リードタイムの短縮を実現させました。

事例の詳しい内容は、下記よりご参照ください。

株式会社豊田自動織機 様 【アナリティクス】導入事例
https://www.ait-solution.jp/casestudy/spss-modeler-toyotajidoushokki/

ページ上部へ戻る