お知らせ
2019年3月14日

神奈川県立がんセンター 遺伝診療科様 【AI】導入事例を公開しました

神奈川県立がんセンターは、1963年4月神奈川県立成人病センターとして発足し主にがんを中心に高血圧症、糖尿病などの成人病を対象に診療を行ってきました。

神奈川県は県立病院整備拡充計画いわゆる「かもめ計画」を策定し、この中で成人病センターを県のがん治療の中枢的機関として位置づけ、1986年4月から神奈川県立がんセンター(以下、kcchという)と改編し、がんの診断や集学的治療を行っています。また、臨床研究所を併設し、がんの発生原因に関する基礎研究と併行し臨床部門と緊密な連携のもとに、がんの診断方法、治療法の開発など臨床に直結した研究を行っています。

神奈川県立がんセンター遺伝診療科では、遺伝診療の新たなる研究に挑戦し、遺伝カウンセラーが担う「遺伝と医療」の橋渡しに、AI(人工知能)を活用されています。

事例の詳しい内容は、下記よりご参照ください。

神奈川県立がんセンター 遺伝診療科様 【AI】事例

https://www.ait-solution.jp/casestudy/ai-kcch/

ページ上部へ戻る